木通(あけび)


名前の由来

実が熟して割れたさまが、人の「あくび」 に似ていることから
「あけび」に変化していった。

また、実は熟してくるとぱっくり口をあけたように 裂けることから、
「開け実」→「あけび」になった、という説もある。

春の若菜は”おひたし”やお茶(アケビ茶)に 使われる。
だって。

いつもお邪魔してる友達の家に咲いてました。
今まで全然気が付きませんでしたねぇ~^^

【花言葉】才能、唯一の恋
d0070473_941476.jpg





                        収穫期のあけび
d0070473_13272188.jpg

d0070473_13305674.jpg

[PR]

by choco_choco_hi | 2007-04-11 09:13 | ガーデニング

<< 平凡であること 投稿250 >>