憂鬱なひと時


獣医の扉を開けるなり私の腕の中でブルブルと震えだすちょこ。
年に一度の狂犬病の予防接種と、フィラリアの検査&薬を貰いに行きました。

待合室で待ってる間中、診察室から聞こえてくる
「キューン、キューン」の声で一層に硬くなり
私の肩まで登り上げて、自分では逃げてるつもりなのです^^

診察台でのちょこは怯えてはいるけど鳴きもせず、良い子でしたけどね。


d0070473_1318056.jpg
検査の為の血液採取
Dr:ハーイちょこちゃん、ちょっと刺すからね~

うっ!・・・





d0070473_13225396.jpg
お尻の毛をバリカンで刈って
肛門腺を絞ってもらってます

ママ!何で助けてくれないの?





d0070473_1323484.jpg
Dr:予防注射で終わりだからね

え?まだいじられるの?







終わった~!ママ早く帰ろう~!!!   まだだよ~検査結果を聞いてお薬を貰うの^^
d0070473_13295131.jpg

フィラリアの検査結果は陰性。
5月度から毎月1錠づつ薬を与えフィラリアの予防です。

ここで先生からちょっとお話があります。と・・・

えっ、どこか具合でも悪いの?( ̄□ ̄;)ギョッ!

地球規模の異常気象で、暖冬の為一月多く薬を服用です。
群馬県は半年から7ヶ月の服用と獣医師会の方で決定されましたので。

なんだぁ~薬が1錠増えただけです^^

蚊によって媒介されるフィラリア。
秋が長くなったと言うか、冬の訪れが遅い為蚊が元気なんだそうです。
そう言われれば、去年も遅くまで蚊がいましたからね~納得です。





診察が終わって獣医の奥さんから
ナビちゃんは帰ってきましたか?』と聞かれました。
     ↑ 3月10日の記事に飛びます

『いいえ、帰って来ません 居なくなって3ヶ月半だから、もう完全に諦めました。』
と答えたました。
ナビのカルテは3年間は保存されるのかな?


このナビちゃん、事故に遭い骨盤骨折で10日程入院したのですが、
獣医でも性格の良い野良猫ナビちゃんで可愛がられていました。
d0070473_8592671.jpg

猫を外に出したりした場合寿命は2年。と聞いたことがあったけど
野良ちゃんで途中から我家に来て、5年も生きたのだからと自分を慰めます。
[PR]

by choco_choco_hi | 2007-05-22 09:33 | 娘達

<< 山菜 義姉、姪っ子と久々の再会。そし... >>