富弘美術館


秋晴れの昨日、友達と二人で
リニューアルした富弘美術館に行ってきました。
それも方向音痴の私の運転で^^  <星野富弘さんのプロフィール>


お蕎麦屋さんで早めのランチをとって、赤城の山越えの道です。
一回だけ旦那の運転で通った道なので不安でしたが
私一人ではないし携帯で旦那に道案内してもらい、間違えたら戻ればいいや~
と、ちょっと大きい気持ちになって出発。

がしかし、出発して直ぐ。県道からの山越えの入り口で、も~すでに解らない。><
旦那が言うには、並んで2件ある蕎麦屋さん所を左に入って一本道だから
黒保根って看板も出てるし解るだろぉ~?
って。


前回通ったのは確か5~6年前で市町村合併になる前
案内看板も新しい地名になっていて、手元の地図は合併以前の物。
方向音痴の私には混乱の二文字。
でもどうにか蕎麦屋さんを見つけ無事山越えの道に。
これからは一本道だぁ~と思い、いい調子で運転していたんだけど・・・
道が段々狭くなって、おかしいよねぇ~てことで引き返す。


ここで旦那に電話して聞こうと思ったけど、これで4回目の電話?
呆れられるか怒られるかで喧嘩になることが目に見えていたので、地元の人に聞くことに。
一人目の店舗のおばちゃんは当てにならなかったけど
牧場で作業をしてた人は親切に詳しく教えてくださり感謝です^^

後になって解ったのですが旦那が一本道と言ったのは間違えで、
あぁ~一箇所T字を曲がる事を言い忘れてたなぁ~
だって。

私だもん。言われたとおりに真っ直ぐ行ってしまいましたよ~
そんでもって田んぼの畦道に出てしまい怖くなって戻りましたよ~(ーー;)



順調だったら1時間弱で抜けられる山道を何回か引きかして
約倍もの時間を掛けて無事美術館まで辿り着けました゚( ゚^∀^゚)ヶラヶラ



美術館前庭の紅葉がとっても綺麗でした。
紅葉ばかりに気をとられて、美術館を写すのを忘れましたぁ~_(^^;)ツ アハハ
d0070473_11514486.jpg

館内は平日でしたが修学旅行の学生さん
他県から来たらしい訛りのある言葉で喋ってる団体さん
一人で来てじっくりと見入ってる人と結構な賑わいでした。

どの作品も絵に詩が添えられていて、温かい事と言ったら・・・。
「五体満足の私は何をしてるんだろ・・・何だってやる気があれば出来るんだよ!」
って、沢山の元気をもらってきました^^
買って来た絵葉書を何枚か紹介します。全部口に筆を咥えて書いた作品です。
                                  <館内は撮影禁止でした>
d0070473_1055289.jpg

d0070473_1056070.jpg

d0070473_10561361.jpg

d0070473_10562612.jpg


女性二人の、しかも揃って方向音痴のおばちゃんの珍道中。
行けば何とかなるものですねぇ~^^

あっ、山道に不思議な猫が一匹居ました。
行きは道路の真ん中で寝そべっていて、
死んでる?事故で動けない?って思うほどじっとして動こうともしないんです。
実際はのんびりと日向ぼっこをしてただけなんですが。
帰りも同じところで背中を丸めて座ったまんま、車が通っても相変わらず動かずです。

おばさん、あんたこの道は初めてだね?とでも言いたそうな顔をしてましたねぇ~。

まぁ~猫がのんびりできるほど、のどかって事でしょうけど
一人で通ったら絶対にビビリます。
化け猫かと思うほど怖かったですもん。><;








美術館の裏側です。
d0070473_13511999.jpg

草木湖畔まで続く遊歩道。
d0070473_1137525.jpg

富弘さんが描いたらどんなコスモスになるのかな?
d0070473_11372910.jpg

真っ赤なもみじが青い空に映えてました。
d0070473_11382867.jpg

[PR]

by choco_choco_hi | 2007-10-26 15:16 | 日記

<< FF暖房機 秋真っ盛り >>