我家の塗替えレポート

築18年目の我家、大分汚れも目立って来て2回目の塗り替えとなりました。

ペンキ屋の女房をウン十年やっておりますが、事務&雑務が私の仕事でして
塗装の知識としたら素人とあまり大差はありません。

出来るだけ詳しく、分かり易く着工前から完成までをUPして行こうと思います^^;


我家の外壁はパワーボード素材で、新築の時はスタッコ吹き付け押さえ処理をし
トップの色は私の好みの赤味のないベージュ系。

初めての塗替えは9年前。
外壁材はレタン系の材料で光沢のある物、色はクリーム系。
塗りたてはカスタードクリームの様な色合いでしたが、日光によって大分色褪せてしまい
写真では白く見えます。

着工前。 
写真では分かり辛いですが、全体にツヤがあり傷みは無いのですが、汚れが目立ちます。
d0070473_22264991.jpg

ズームして見ると。
気になるパラペットのラチス格子から、雨水による汚れ、笠木周りの汚れジミ。
コーキングを施してある所から垂れた雨水が汚れとなります。
この汚れが目立って来た為今回の塗替えとなりました。
d0070473_2228126.jpg

足場架け完了。
今回は屋根瓦まで塗装する為、急勾配の屋根まで足場を架けました。
d0070473_918431.jpg

屋根から高圧洗浄。
家全体を洗浄機で洗い、汚れを取り除く作業です。
洗浄機のホースは80mあり重たく、高圧が掛かってる為力の要る作業です。
高所作業になるので安全ベルト、ヘルメットは必需。

従業員のH君が作業をし、M君がホース持ち担当、寒い中での水仕事 ご苦労様です^^
d0070473_919189.jpg

流れ落ちる瓦にこびり付いた、苔やドロなどの汚れ。
d0070473_9191557.jpg

高圧洗浄によって、日当りの無い所に生えてしまった苔は根こそぎ取り除く事が出来
隙間に溜まった埃なども洗い流し、塗料の食い付を良くます。

家全体が垢をおとし、シャワーを浴びた状態と思ってください^^






外壁はチョーキングが目安となります。

チョーキングとは、外壁を手で擦って粉っぽく塗装の色が付く事です。
塗料の樹脂が主に紫外線で劣化し、顔料のみが塗装の表面に現われてしまっている状態です。
外壁材の種類にもよりますが、8~10年に1度の塗替えが好ましくいです。

我家はチョーキングが現れる前の段階での塗替えなので、
この画像はネットから頂いてきました。
d0070473_1956623.jpg

木部(軒天井や破風板、鼻隠し)は6~8年のサイクルでの塗替えが好ましいです。
木部は塗料の剥がれが起こると雨水を吸い込み腐り、雨漏りの原因ともなり
交換工事が必要となってしまいお金も掛かりますので、定期的に塗り替える事をお薦めします。
d0070473_1055062.jpg

[PR]

by choco_choco_hi | 2009-01-28 08:51 | 日記

<< 雨の月末 中華おこわ >>