<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

捨て猫

一月前の日曜の午後、テラス席で旦那とお茶をしてる時
手の平に乗るほどの子猫がにゃ~にゃ~泣きながら我が家の庭に入ってきました。

聞き慣れない猫の声に反応したちょこは、ママの静止の声も聞かずにその子猫を押さえ付けに
あの肥満ワンコの動きの素早い事と言ったら驚きでした。

ママの膝に居たゆずもちょこの行動に釣られ子猫の傍に駆け寄り、2対1の体制に必死の子猫は爪を出し反撃に・・・

キャ~ン!の鳴き声はちょこかゆずかは分かりませんが、ワンコ達が怯んだ一瞬の隙に車の下に非難し
タイヤの上の小さな隙間に入ってしまって中々姿を見せてはくれない。

ワンコ達を家に閉じ込め、猫缶を車の傍に置き、出て来るのを待つこと30分。
やっと姿を現した子猫は汚れてて、骨と皮のガリガリで背骨が浮き上がり顔は骨ばってキツネ顔
足もともフラフラとしてて、子猫の可愛らしさとは程遠い哀れな姿でした。

近所の人の話によると親猫と子猫数匹で捨てられていたそうで
10日程経って我が家の庭に1匹で辿り着いたみたいです。
親兄弟はどうなったか不明ですが、ずっと飲まず食わずの状態で怖い思いを沢山したらしく
人間を怖がりチョッとした物音にも驚いて姿をかくしてしまう臆病な子です。

こんな弱っているんじゃ~死んじゃうかもね?
せめてお腹を一杯にして死なせてあげよう。
が、子猫を見た時に思った事です。

今朝偶然にもTVで「犬と猫と人間と」の映画を知りました。
ペットブームの中で捨てられ処分されてしまう命、助けられる命の映画です。

  心無い飼い主によって捨てられ殺処分されてしまう小さな命は
  一日に約千頭でイギリスの15倍の数です。
  生活が豊かになっても心貧しい日本人、いやですね><


我が家の長男君は『猫兄ちゃん』と言われるほど、自他共に認める猫好き君。
まずは長男が手なずけミルクを飲ませ餌をやり、怖くはないんだよ。と人間に慣れさせました。
今ではすっかりこの子のひげの生えた親父声のお母さんです^^;

初対面で体当たりしてきたワンコ達、ゆずには少しだけ慣れ、姿を見ても逃げる事は無くなりましたが
ちょこの姿を見ると怖がって隠れてしまいます。

 ↓の写真は我が家に来て3週間過ぎた頃でやっとふっくらとしてきました。
今現在仔猫の住まいは7.5畳の物置の中で、尻ぐせも良くちゃんとトイレで用をたします。
夜はシャッターを閉め外と隔離して安心して寝られ、昼間は庭と物置と自由に行き来しています。
d0070473_22442028.jpg

朝一番でシャッターを開け、餌とトイレ、濡れタオルで体を拭いてやったりと世話をするのですが
人恋しいらしくじゃれついてきます。

名前はまだ決まっていませんが「ニャミちゃん」「二ナちゃん」「おチビちゃん」どんな名前で呼んでも、にゃ~にゃ~いい声で鳴いて駆け寄ってきて可愛いですよ^^;
d0070473_2349780.jpg



犬、猫を飼う皆さん、沢山たくさん愛してやってください。
そしてその子の一生が終わるまでちゃんと見届けてやってください。

これから飼おうと思ってる方。
不幸な子を増やさない為に、一時のあこがれや気まぐれで飼うのはやめてください。
小さな命は人間に愛されたいと願っているのですから。
[PR]

by choco_choco_hi | 2009-09-25 12:32 |

頼りになる三婆(さんばば)

本家、大本家、新宅の小母さんを三婆と言います。
この3人の小母さん達の年齢は70歳を出たくらい。

我が家のような田舎では親戚の絆が強く、何かにつけて口うるさく力を貸してくれます^^;
今回の葬儀でも大変お世話になりました。

おばあちゃん(旦那の祖母)が亡くなった15年前は
葬儀屋さんの手を借りて自宅で通夜、葬儀を営みましたが
何時の頃からか通夜は無しの葬儀のみを式場で執り行う事が多くなり
今回も葬儀、初七日、葬儀後の清めの飲食を式場で済ませました。

自宅葬儀の時は仕出し屋さんに依頼する懐石膳以外の
煮物、きんぴら、おからの煮物、天ぷら、うどん、ご飯、うどんの汁を
隣保班(10件単位の隣組)や親戚の奥さんが各自 自分の包丁を持って手伝いに来てくれ
お勝手だけでは間に合わず、外に作った簡易竈(かまど)に薪をくべて煮炊きをしてくれました。

年若の私達嫁はこんな機会にしきたりや風習を覚えるのですが
体験したのはたったの2回で覚える間もなくこの習慣は無くなってしまいました。

葬儀当日は楽なのですが、初七日までの仏様の膳やら葬儀前日のお通夜に当たる納棺後の膳
親戚だけが集まる小規模な膳ですが、それでも35人分。
仕出し料理以外の主食のうどんと汁、漬物は家族で作るのですが、35人分なんて作った事は無くどれくらいの量か見当もつかずです。
葬儀の後に済ませた初七日も亡くなって6日後の本当の初七日に
親戚は新たにお包みを持って来てくれるのでお茶のおもてなしに引き出物を出します。
こちらも何を出したら良いものやら義妹と頭を悩ましました。

そこでこの三婆の小母さん達登場!
細かい事まで身で覚え良く知ってますから色々とお世話になりました。
(お義母ちゃんは健在ですが、80歳を超え痴呆も出て来た為当てにならず)
分からない事ばかりの中で本当に助かりました。

なんて事を書いたらお義父ちゃんがあの世から心配してしまいますね?

お義父ちゃん、一つづつ教えてもらい覚え、どうにかこなしていますから大丈夫ですよ。
納骨の時は前もって準備ができるからこちらも大丈夫!
義妹(独身時代からの友達)とも喧嘩しながら仲良くやってるから心配しないでくださいね^^

明日は二七日(ふたなのか)、お義父ちゃんの畑の栗をみんなで拾いました。
その栗で作った栗おこわを持ってお線香を立てに行きますね^^

d0070473_20142075.jpg

[PR]

by choco_choco_hi | 2009-09-19 20:25 | 日記

お義父ちゃん

9月7日の朝、自宅にて永眠しました。
癌を患いながらも89歳の長寿を全うしました。

命の期限を切られたのが6月上旬
「1週間から 数週間です」
と言われてから3カ月近くも頑張りました。

細くなってしまった体を、熱いお湯でしぼったタオルで綺麗に拭いて
カサカサの肌にローションを塗り、新しい下着、はずしていた入れ歯をはめ
私の作った白絣の甚平を着させたのが最後のお世話となりました。

生前に旦那が足のマッサージをしながら
「親父さん、細くなっちゃったな~」の言葉に
「この足で中国大陸を歩いて戦って来たんだ」
と返していたのが忘れられません。

お義父ちゃ~ん、もうおばあちゃんには会えましたか?
お義父ちゃんに可愛がられたワンコやニャンコは迎えに来てくれましたか?
序でいいから私の両親にも宜しく伝えてね。
お義父ちゃんにしてもらった事、教えてもらった事を忘れません。
残った家族は力を合わせて生きて行くから心配しないでねぇ~。

d0070473_9131962.jpg

[PR]

by choco_choco_hi | 2009-09-15 09:20 | 日記